八甲田牛消費拡大協議会|希少な短角牛「八甲田牛」の魅力

自然の旨味ギュウギュウ
幻の健康牛肉、八甲田牛

八甲田牛のタメ

八甲田牛のタメ

八甲田牛のこれからの為(タメ)に「八甲田牛消費拡大協議会」は、地域特産物八甲田牛等の地場消費及び販路拡大を推進し、消費者に良質かつ安全な牛肉を提供することを目的に下記の活動を行っています。

  • 消費者PR活動

    消費者PRイベントの実施…八甲田牛販売店等において、試食販売会を開催するなどの八甲田牛のPRイベントを実施する。

    PR用リーフレットの配布…八甲田牛の説明文やレシピを記載したリーフレットやのぼりを八甲田牛の販売店等で配布する。

  • 販売促進事業

    各種イベント参画、開催

    1. 八甲田牛PR(販売促進)イベントの開催
    2. 八甲田牛のPRイベント等を開催する経費の支援
    3. 情報発信の強化

八甲田牛消費拡大協議会

名称 八甲田牛消費拡大協議会
設立年月日 1989年10月
事務局 青森市役所 農林水産部 あおもり産品支援課/農業振興センター
【お問合わせ先】tel. 017-26-6102 / fax. 0172-62-8125
会長 (有)長峰精肉店 代表取締役 長尾裕一
副会長 青森県民生活協同組合 理事長 平野了三
青森農業協同組合 代表理事組合長 雪田徹
監事 (株)ホテル青森 代表取締役社長 蝦名正治
肉のかわむら 川村力
会員 (有)長峯精肉店 / 青森県民生活協同組合 / 青森農業協同組合 /(株)ホテル青森 / 肉のかわむら / 十和田ミート(株)/(株)いしおか / 肉のナリタ /(株)やましめ /(有)金子ファーム
協議会の設立 生産者及び流通業者を構成員として、1989年10月設立

沿革

1989年 八甲田牛消費拡大協議会を組織
1993年 八甲田牛の商標登録を取得
2005年 2005年度から2009年度まで学校給食にも導入し、八甲田牛をPRするとともに、地域特産物として消費拡大を推進
2012年 県民生協において、毎月2頭の出荷を開始
2017年 高付加価値化の検討として熟成肉の試験製造と成分分析を実施
2018年 高付加価値化の検討として熟成肉を使用したメニューをイベント「青森バル街」で提供
ページトップ